医療創生大学

学部・大学院

社会学専攻(修士課程)担当|教授陣の研究分野と内容

社会学専攻(修士課程)

鎌田 真理子  教授社会学修士

社会福祉学

社会福祉の歴史や発展過程で発生した福祉思想・理念を理解し、福祉諸法・制度・政策を概観する。そのうえで地域社会を対象とした脱施設化の福祉政策について研究分析を行う。特に住民主体に行われる地域福祉(コミュニティケア)での各ネットワーク形成(全世代型包括ケアシステムの構築)を中心にしたい。
  • 主な論文・著書:
    『相談援助の基盤と専門職』久美出版2010
    「権利擁護システムの構築の現状とソーシャル・キャピタルについて」(『ソーシャルワーカー』No.15)2016年3月 日本ソーシャルワーカー協会発行
  • 大学院の授業内容:
    生活問題を抱えた社会福祉サービス利用当事者に対応するソーシャルワーク
    権利擁護等の現状と課題について
    コミュニティソーシャルワーク手法による地域支援など

菊池 真弓  教授修士(社会学)

家族社会学

近年増加している単身高齢者や認知症高齢者のライフコースと生活の質(quality of life: QOL)を中心に、子どもから高齢者までの幅広い世代の地域住民が安心して暮らせる地域社会環境のあり方について研究をおこなっている。具体的には、ライフコース研究の特徴ともいえる対象者の人生史を辿ることや対象者自身の人生に影響を与えたであろう人びと・出来事などを多面的に検討することを通じて、高齢者の語りをもとにした主観的な人生史や社会背景の理解につながる過程について分析を加えている。
  • 主な論文・著書:
    菊池真弓「認知症高齢者における親子関係」清水浩昭編著『家族社会学へのいざない』岩田書店2008
  • 大学院の授業内容:
    ライフコース研究の方法(質的・量的アプローチ)、先行研究および実証調査などの研究成果についての検討

学部・大学院