医療創生大学

学部・大学院

健康医療科学部の特色

健康・医療をシームレス(連続的)に科学する人材を。

これからの時代、健康の維持・増進から病気の予防・治療、予後までを連続的に捉えて他職種が連携し、対象者の多様性に対応しながら「QOL(Quality of Life:生活の質)」を高めることが求められます。本学では、健康・医療課題を解決するための「科学的思考」を身につけるとともに、作業療法士(OT)・理学療法士(PT)にふさわしいヒューマニズムや倫理観の修得をめざします。
OT:Occupational Therapist
PT:Physical Therapist

自ら課題発見・解決できる人材を。

健康・医療に関わる専門家として、その進展に対応するために免許取得後も学び続け、自ら課題を発見し、解決できる人材の育成をめざします。本学では、臨床経験・国際経験豊かな教員陣の下、特徴的なカリキュラムによって次世代の医療技術人を養成します。

より質の高い医療技術者※2を。

学部設立の背景には、福島県に医療・保健・介護・福祉人材が不足し、量的充足と質の向上が求められていたことがあります。本学部は、福島県初の4年制大学におけるOT・PT養成課程です。医療機関と密接に連携し、「地域包括ケアシステムの構築」に貢献する高度な医療人の養成に取り組みます。
※2:医療・介護現場の変化に応えるため、近年はOT・PT養成の教育水準が高度化しています。海外には修士(大学院卒)以上にOT・PT資格が与えられる国も多く、日本でもOT・PTを養成する大学が増加しています。