医療創生大学

学部・大学院

作業療法学科の特色

作業療法学科 学びのポイント

国家試験対策

国家試験の合格は、作業療法士になるための必須条件です。本学科では、1年次より国家試験に向けた十分なサポートを行います。具体的には、1年次から定期的に全国模擬試験を受験し、学修の効果判定および指導を行います。早期に国家試験問題に触れることで、国家試験に対する意識づけを高め、学修意欲を向上させます。

地域包括ケア実習(2年生)

国を挙げて力を入れている地域包括ケアシステムに関わる授業で、作業療法士(OT)養成課程としては、全国に先駆けた臨床実習です。OTが活躍している現場はもちろん、今後OTの活躍が期待されている現場でも臨床実習を行います。

臨床推論演習(3年生)

高齢者・身体・精神・地域、それぞれの領域ごとに対象者の特徴は異なります。作業療法を進めていくうえで必要な、対象者像を正しく評価し治療計画を立てる(臨床推論)ために、模擬患者役・作業療法士役に分かれて学びます。

作業療法セミナーⅠ・Ⅱ

4年間の集大成となる科目です。作業療法セミナーⅠではこれまでに修得した評価・治療技術を一通り復習し、技能の向上を目指します。作業療法セミナーⅡでは知識の定着に効果的なアクティブラーニングを取り入れたグループ学習を組み込んで、全員の国家試験合格を目指します。

チューター制度(全学年)

教員1名が数名の学生を担当し、学生生活や学修上のアドバイス、友人関係、アルバイトなど様々な相談に対応します。学生一人ひとりに合わせたきめ細やかなサポートを受けることができ、安心です。

臨床実習に向けた学びのステップアップ

3年生は11週間、4年生は8週間、実際の各施設(病院・診療所・介護老人保健施設等)で学びます。本学では1年生から実習に関わる授業を段階的に実施するため、安心して実習に臨めます。