医療創生大学

学部・大学院

理学療法学科の特色

理学療法学科 学びのポイント

国家試験対策

国家試験の合格は、理学療法士になるための必須条件です。本学科では、1年次より国家試験に向けた十分なサポートを行います。具体的には、1年次から定期的に全国模擬試験を受験し、学修の効果判定および指導を行います。早期に国家試験問題に触れることで、国家試験に対する意識づけを高め、学修意欲を向上させます。

大学・教員

福島県内では初の理学療法士を養成する大学です。学部長が世界理学療法士連盟の部門トップを務めるなど、世界の舞台で活躍する教員が揃っています。また、解剖学や生理学を教授する専任教員がいるのも本学の強みの1つです。学生は、いつでも質問でき、学習サポートを受けられる環境が整っています。

テクノロジー

大学ならではの最先端の機器・技術をふんだんに用いた講義が行われています。講義だけでなく臨床実技の修練も、世界トップレベルの機器や技術を用いて行われます。学修支援システム「manab@ISU」を活用し、学生は授業で使われた動画や資料をいつでもどこでも見て学ぶことができます。

演習科目

理学療法士には、理学療法学の知識と技術が必要です。座学の科目で学修した知識を基に演習科目で技術を身につけます。本学では、より多くの演習科目を設けているため、技術の十分な修得と、知識と技術の統合を可能にしています。学生は、就職後即戦力として活躍できる能力を身につけることができます。

フレッシャーズセミナー

高校生から大学生への移行がスムーズにできるよう、大学での学修に求められる基本スキルや心構えを身につけるプログラムです。主にグループでの協同作業を通して、医療従事者になるための「聞く・話す・調べる」技法の修得、問題解決方法の獲得等を目指します。

臨床実習に向けた学びのステップアップ

3年生は11週間、4年生は8週間、実際の各施設(病院・診療所・介護老人保健施設等)で学びます。本学では1年生から実習に関わる授業を段階的に実施するため、安心して実習に臨めます。