医療創生大学

学部・大学院

在学生の声
学生Photo

子ども達の心の支えになれるような

質の高い看護師を目指します。

看護学部看護学科3年
安達 生真さん
(福島県立会津高等学校出身)

本学を選んだ理由は、他学部との連携を通して視野を広げられること、そして新設学部ならではの充実した施設環境でした。

入学して感じたのは、先生方の体験を踏まえて語られる講義の面白さ。慣れない専門用語を理解して内容を覚えるのは大変ですが、教材に留まらない知識を得ていると思います。また、授業以外に補講を設けてくれたり、時間外の演習に付き添ってくれたりと、先生の方から働きかけてもらえることにも感謝しています。

私は子どもの頃に何度か入院し、治療や入院生活に対する不安、授業に遅れる焦りなどを身を以て経験しました。看護師さん達はそんな不安を和らげてくれる大きな心の支えでした。私もいずれ小児看護の道に進み、同じような境遇の子達の不安を軽減してあげたいと思っています。質の高い看護が提供できるよう、日々知識・技術・コミュニケーションを学んでいきます。

学生Photo

先生達は、何でも相談できる存在。

講義にも熱意を感じます。

看護学部看護学科3年
渡邊 まりあさん
(福島県立いわき総合高等学校出身)

看護師として働く母を尊敬し同じ道を選びました。入学してみて、一つひとつの講義に先生達の熱意を感じています。どの先生も気軽に質問できる上、進路や選択科目の相談にものってくれて、勉強不足を叱ってくれる存在でもあります。学内には学習スペースが十分にあるので、放課後は毎日友人と授業を振り返り、先生に聞いて、その日のうちに不明点をなくすようにしています。

将来は急性期医療に関わりたいと思っています。今関心があるのは成人看護学。講義では、脳梗塞・心筋梗塞などの疾患と看護の流れを一貫して学びました。2年次の実習では、脳外科で手術後の患者さんを担当。1人の患者さんに対する現実的な業務量と責任を実感し、「これで何人もの方に正しいケアができるのか」と不安になったこともあります。3年次にはさらに実習が増えます。事前学習をして、経験を積んでいきたいと思っています。

学部・大学院