医療創生大学

学部・大学院

薬学部の教育方針

薬学部の3つのポリシー

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

薬学部薬学科は、本学の教育理念・目的と教育方針に基づいて、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学位を授与します。
  1. 薬剤師の社会的義務を認識し、保健医療の担い手としてふさわしいヒューマニズムと倫理観を身につけている。
  2. 医療分野における問題点を発見して解決するために、研究マインドを身につけて、知識を統合・活用することができる。
  3. 患者指向の医療を実施するために、チーム医療における円滑なコミュニケーションをとることができる。
  4. 地域の医療および保健に貢献するために、薬剤師としての実践的能力を身につけている。
  5. 薬剤師として科学と医療の進展に対応するために、生涯にわたって持続可能な主体的学修ができる。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

薬学部薬学科は、本学の教育理念・目的と教育方針に基づいて、以下のような教育課程を編成・実施します。
  1. 「イグナイト教育」を初年次から順次開講し、主体的に学ぶ姿勢ならびに医療の担い手にふさわしいヒューマニズム・倫理観を育みます。(ディプロマポリシー1およびディプロマポリシー5に対応)
  2. 患者本位のチーム医療に必要なコミュニケーション力を育むために、少人数討論形式の教育を初年次から継続して実施します。(ディプロマポリシー3に対応)
  3. 専門性の高い教員による「薬学教育モデル・コアカリキュラム」に沿った医療薬科学の講義、実習ならびに演習を体系立てて実施し、地域医療を実現できる実践的能力を醸成します。(ディプロマポリシー4に対応)
  4. 修得した専門知識、技能、態度を基に、病院・薬局実務実習ならびに卒業研究を行い、地域医療を担うリーダーに必要な「研究マインド」および「知識を統合して活用する力」を涵養します。(ディプロマポリシー2およびディプロマポリシー4に対応)

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

薬学部薬学科は、本学の教育理念・目的と教育方針に基づいて、以下のような人の入学を希望します。
  1. 薬剤師になって地域医療の発展に貢献したい人
  2. 思いやりと協調性を持って他人と接することができる人
  3. 自分の考えや疑問をはっきりと他人に伝えることができる人
  4. 薬学を学ぶ上で、必要な基礎学力を身につけている人