医療創生大学

学部・大学院

教育システム・特色

独自の教育システムで、地域に貢献する自律・自立した薬剤師へ。

医薬分業が進み、医療技術の高度化が加速する中、これからの薬剤師には、専門知識や技術だけではなく、豊かな人間性、チーム医療の中で活躍するために必要なコミュニケーション力が求められています。
 
本学部は、6年間を通して基礎教育から臨床教育まで、系統的・段階的に学ぶことのできるきめ細やかな独自の教育プログラムを展開しています。薬学の豊富な知識はもちろん、医療の担い手として適切・迅速に対応できる教養と基礎学力、コミュニケーション力、そして問題解決力を身につけ、卒業後、地域の人々の健康を率先して守ることのできる自律・自立した薬剤師となるよう育成します。

薬剤師に“なるため”はもちろん、“なった後”まで見据えた本学独自の教育システム

これからの時代に求められる質の高い薬剤師を育むため、6年間の学修を継続的に積み重ねていく手法を採用。
自律した医療人になるための基礎力を身につける1~3年次の「イグナイト教育」、さらには国家試験に向けた演習中心の反復学修である「ファーマドリル」など、特色ある教育システムを実施しています。 

  • (1)イグナイト教育 学生の潜在能力を引き出し
    学修意欲を向上させる
  • (2)クラムスクール 薬学の土台となる
    化学・物理・数学の基礎をサポート
  • (3)ファーマドリル 徹底した知識の習得のために
    演習中心に反復学習を行う
  • (4)チューター制 個別指導により
    一人ひとりの学修を支援する

(1)イグナイト教育

薬学部の大きな特色が「イグナイト教育」(IGNITE)です。

基礎教育の段階で本来学生が持つ潜在能力に積極的に点火(イグナイト)し、自律・自立した「くすりの専門家」になるための基礎を構築する本学独自の教育プログラムです。グループ活動を基本とし、与えられたテーマに対して調査、討論、ポスター作成、プレゼンテーションを実施。自主的学修力、コミュニケーション力、問題発見・解決力の育成をめざしています。

STEP1(1年次)

「生徒」から、自ら学ぶ「学生」に導くための初年次教育として、学びのための技法や大学生に求められる基本常識、望ましい態度を身につける。

STEP2(2年次)

少人数で質疑応答を繰り返し、自分の知識を整理。理解を深め、物事を合理的に考える技法を身につける。

STEP3(3年次)

教員から提示された薬学領域の多様な問題に対し、チーム活動で解決を試みる実践的な内容を展開する。

アドバンスト~発展形~(4年次)

STEP1~3で身につけたさまざまな能力・知識を活かし、薬学的な課題を用いたグループ学修を実施。それまでの学修内容を確認しながら、実際の医療現場での問題解決力を養う。

(2)クラムスクール

クラムスクールとは、薬学部で学ぶうえで必要不可欠な“化学・物理・数学の基礎学力”の補強をめざした学内塾です。学外より専門の講師を招き、週1回4時間の授業を1年次前期に開講。高校時代の復習を中心に行います。とてもわかりやすい授業を実施しているため、文系出身の学生でも、周りに遅れをとることなく授業に臨めます。

(3)ファーマドリル

「ファーマ」は薬学、「ドリル」は反復による学修の意味。授業で修得した薬学の知識をより確実なものにするために、演習問題を中心に行う本学独自のプログラムです。国家試験合格に向けて、2年次から6年次まで反復学修を実施。全国統一模試にも定期的に参加し、常に全国レベルを意識しながら学修効果を確認していきます。

(4)チューター制

1 名の教員(チューター)が8~15名の学生を担当し、学生一人ひとりの学修目標に応じた履修指導から個人的な悩み事まで、さまざまな相談にのっています。日々の授業のみならず、学生生活全般をきめ細かにサポートしているのが特長です。
 

6年間のカリキュラムフロー

学部・大学院