医療創生大学

学部・大学院

心理学部 臨床心理学科(仮称・設置構想中)

2020年4月開設に向けて「心理学部 臨床心理学科(仮称)」の設置を構想しています。

※設置構想中のため、表記内容は予定であり、変更になる場合があります。
 
 

社会のさまざまな領域における「心の問題」に対応する心理学部(仮称)

現代社会は価値観が複雑多様化しており、家庭や職場を取り巻く環境も急激に変化しています。こうした中、職場のストレスに関連した過労死・自殺や、児童虐待、認知症患者、自然災害の被害者など、さまざまな領域で心の問題への対応が求められています。
 
このような社会的ニーズを受けて、2015年9月に心理学分野で初めての国家資格となる公認心理師法が成立。2018年9月には第一回国家試験が実施され、いよいよ公認心理師が誕生します。
 
本学では2020年4月に「心理学部 臨床心理学科(仮称)」の開設を計画しています。教養学部の「心理と人間行動」メジャーを母体として、多様なニーズに応え、地域社会や職場、家庭における問題に心理学の観点からアプローチする人材を養成します。

キャリアデザインや家庭のメンタルヘルスに役立つ知識・スキルを持った「こころの専門家」を育成

開設を計画中の「心理学部 臨床心理学科(仮称)」では、基礎心理学と臨床心理学をバランスよく学び、人の生涯発達や認知機能、社会的行動などについて理解します。また、対人支援に関する知識や技能とメンタルヘルスに関する知識を統合し、円滑に対人関係を行う能力を身につけた人材を養成します。
また、学部4年間では受験資格を取得できない臨床心理士や公認心理師をめざす学生には、大学院や実務経験先における学習につながる支援を行います。

取得を目指す資格(予定)

  • 公認心理師
  • 臨床心理士
  • 認定心理士 等

想定される進路

  • カウンセラー等の心理職
  • 福祉施設
  • 公務員
  • 一般企業 等
 
 
カリキュラムは、心理学の基礎から応用まで幅広い科目群で編成されており、本格的な心理学を学べます。心理学の知識に加え、実習・演習科目を通して、科学的なモノの見方・考え方も習得。体系的なカリキュラムに基づいて、科学的・実践的な知識とスキルを身につけた「心の専門家」をめざします。

POINT1 4年間一貫した少人数の教育体制

初年次教育から卒業研究指導まで、4年間一貫した少人数教育体制により、きめ細かい教育を行います。

POINT2 実践力を養う充実した教育環境

充実した教育施設・設備で、体験・実践を重視した実習・演習を行い、客観的・実証的な思考力・判断力を培います。
さらに、本学大学院<人文学研究科 臨床心理学専攻>は、公認心理師の受験資格が取得できるとともに、臨床心理士養成第1種指定大学院でもあるため、大学院進学者は臨床心理士の受験資格も取得できます。

POINT3 キャリア教育による職業的自立の支援

「こころの専門家」を育てるため、キャリア教育を通して、進路・職業選択や就職活動・大学院進学など幅広い支援を行います。
 
 
 
心理学の基礎的知見から、応用的・実践的知見やスキルまでを段階的に学べる体系的なカリキュラムを編成。
同時に、1年次の「大学での学び」への導入教育からキャリア支援教育に至る、徹底した少人数教育体制により、学生一人ひとりの進路実現もバックアップします。
 
 
 

学費(予定)

  • 初年度納入金 >>1,400,000円(入学金200,000円を含む)
  • 次年度以降(2年次以降) >>1,200,000円

心理学部(仮称・設置構想中)に関するお問い合わせはこちら

医療創生大学 学生課
〒970-8551
福島県いわき市中央台飯野5-5-1
フリーダイヤル:0120-295110
Tel:0246-29-7117(直通)/Fax:0246-29-7206