鎌田 真理子
教養学部◎地域教養学科 教員プロフィール
鎌田 真理子 教授/社会学修士
かまだ まりこ. KAMADA Mariko

学生・受験生へのメッセージ

何を学びたいのか、何を修得し成し遂げたいのか、どのような人になりたいのか、ビジョンを明確にしてみましょう。ビジョンが描けなくとも、きっと心を打つ学びの出会いはあります。若いときは感動がエネルギーになります。感動をするために学びましょう。

◎略歴
1982年 東北福祉大学社会福祉学部卒業
1984年 東北福祉大学会福祉学専攻修士課程修了(社会学修士)
1985年 東北福祉大学助手
1986年 東京都武蔵村山市社会福祉協議会主事
1997年 札幌医学技術福祉専門学校・函館臨床福祉専門学校専任講師
1999年 帯広大谷短期大学専任講師
2001年 いわき明星大学人文学部現代社会学科 准教. 2009年より教授
2019年 大学名変更に伴い、医療創生大学教養学部地域教養学科 教授 

◎担当授業科目
地域教養の学び、地域福祉論、ボランティア論、社会福祉学、社会保障論、保健医療福祉行政論、イグナイト教育2B、災害と地域1、チーム医療、復興支援演習1.2、復興支援プロジェクト、基礎ゼミ1.2、専門ゼミ1.2、卒業研究等
◎専攻研究分野
社会福祉学、地域福祉、障害者福祉、高齢者福祉、児童福祉、地域包括ケア、ボランティア、権利擁護、差別・虐待・いじめ、当事者支援、学校ソーシャルワーク、思春期
◎主な研究業績
  • 「社会救済事業家としての瓜生岩子の軌跡」(いわき明星大学人文学部研究紀要2013年3月)
  • 「高齢者の介護現場における人権・権利擁護」(社会福祉振興・試験センター2013年『介護福祉』)
  • 「権利擁護システムの構築の現状とソーシャル・キャピタルについて」(『ソーシャルワーカー№15』2016年)
  • 「相談援助における権利擁護」(『相談援助の基盤と専門職』弘文堂、2018年1月)
  • QUATRIEME PARTTIE
    AVNCEE EN AGE:APPROCHES
    COMPAREES:“LES SYSTEMS DE TUTELLE POUR ADULTES
    :COMPARISON ENTRE LE JAPON, L’ALLEMAGNE ET L’ANGLETERRE,
    QUAND LA VIE’S ALLONGE
    France-Japan(2004)
    Sous la direction de
    Pierre.ANSART, Anne-MarieGUILLEMARD Monique.LEGRAND,
    M.ichel MESSU,
    Koken K.SASAKI


◎主な学会活動
特定非営利活動法人地域福祉ネットワークいわき理事長、福島県スクールソーシャルワーカー・スーパーバイザー、福島県生徒指導アドバイザー、日本ソーシャルワーカー理事、いわき思春期サポーターの会会長、福島県社会福祉審議会委員長など
◎その他
日本ソーシャルワーカー協会常任理事
いわき市地域包括支援センター(NPO地域福祉ネットワークいわき)理事長
福島県スクールソーシャルワーカー・スーパーバイザー
いわき思春期サポーターの会会長など