医療創生大学

キャンパスライフ

ライフスタイル(自宅通学/一人暮らし)
自宅通学生

塾講師アルバイトにやりがいを感じています。

健康医療科学部 理学療法学科 2年
稲月 歩美 さん

(福島県立いわき光洋高等学校出身)

 授業が終わった後は週に3回、塾講師として中高生に指導するアルバイトをしています。コミュニケーション力を高めたくて始めました。生徒さんが理解してくれると嬉しく、やりがいを感じます。

 そのほかの課外活動としてフラダンス部に所属し、学園祭やイベントに出演しています。大好きな仲間たちと踊るのはとても楽しいです。

 高校時代に陸上をやっていたこともあり体を動かすことは今でも大好き。時間をみつけて続けているランニングや、友人と気分転換がてら散歩ができる自然豊かな大きな公園は私のお気に入りスポットになっています。大学への通学には車を利用。車は通学時のほか、アルバイト先への移動、友人とランチやカフェに出かける際にも役立っています。

一人暮らし生

勉強と趣味を両立させながら、地元を離れて一人暮らし。

看護学部 看護学科 2年
髙橋 大和 さん

(山形県立南陽高等学校出身)

中学校までサッカーをやっていたのですが、ケガで入院していた時期がありました。その時の担当が男性の看護師さんで、将来はこの人のようになりたいと思ったのを覚えています。

私は「福島医療支援」というサークルに所属していて、先生や先輩と一緒に学会や研究会に赴いたり、テスト前の勉強会を開いたりしています。

金曜日の夕方から夜にかけてと休日はファミレスでアルバイト。今もサッカーが好きなので、電車やバスを乗り継いで、いわき市のサッカークラブ「いわきFC」の練習を見に行くこともあります。

ひとり暮らしは家事を自分でやらなければなりませんが、自分の好きなスケジュールで生活できるメリットがあります。趣味の時間等も大切にしながら、夢に向かって頑張りたいです。