医療創生大学

地域交流館

1階・2階

心理相談センター

地域交流館の1・2階には「心理相談センター」が設置されています。同センターは、大学院人文学研究科 臨床心理学専攻の実習の場として、スクールカウンセラーをはじめ、医療、福祉、司法などの分野で、より高度な実践的能力を持つ、「臨床心理士」の養成を目指す施設です。大学院修了後に実務経験なしで臨床心理士の受験資格が得られる、(財)日本臨床心理士資格認定協会の一種指定校に平成18年4月認可されました。

心理相談センターには面接室3室のほか、グループ面接室、プレイルーム2室、個人・グループスーパービジョン室、大学院生室、図書館など、ゆとりあるスペースに最新の設備を備えています。
市民を対象とした心理相談も開き、不登校やひきこもり、発達障害などの「心の悩み」に対して臨床心理士の資格を持つ専任のカウンセラー・教員およびその指導のもとに、専門的な訓練を受けている大学院生が相談に応じます。このほか、公開講座や研究会など、市民が参加できる催しも計画しており、地域の臨床心理学関係の研究・実践拠点として、地域貢献を目指します。

父母会事務局、同窓会事務局

建物に向かって左側のエントランス1階には、父母会事務局と同窓会事務局があります。
 大学と学生さんのご家庭および卒業生の皆さんをつなぐ架け橋となれるよう、スタッフが常駐しています。