医療創生大学いわきキャンパス

学部・大学院

教員の研究分野と内容 | 生命理工学専攻(博士後期課程)担当
主な研究分野(研究室名)
研究に関するキーワード

生命理工学専攻(博士後期課程)

梅村 一之  教授理学博士

生理活性物質の合成、有機合成化学

ペニシリンに代表される抗生物質は、現代の医療現場で欠くことができない重要な医薬品の一つですが、MRSA(メシチリン耐性黄色ブドウ球菌)やVRE(バンコマイシン耐性腸球菌)などの耐性菌の出現と拡がりが大きな社会問題となっています。こうしたなかで耐性菌が出来にくいチオストレプトン系抗生物質(ノシヘプチドやMDL62,879など)や新たな生理活性物質(細胞毒物質や交感神経作動薬など)の合成研究、新規反応の開発研究を進めています。

菊池 雄士  教授博士(医学)

免疫学

細菌やウィルスに対する生体の免疫応答の活性化機構やアレルギー反応の抑制機構について、分子レベル、細胞レベルおよび動物個体レベルでの解析を進めている。これらのヶkk乳結果を、感染やアレルギーの予防薬(ワクチン)や治療薬の開発に結び付ける事を目指している。

北山 淳  教授博士(医学)

発達支援研究室
発達障害作業療法

特別なニーズがある幼児・児童・生徒を対象としたプログラムの確立と神経心理学的認知特性や生活習慣の関連について明らかし、年齢による発達状況について研究を進めている。それらの成果は、未診断ではあるが同様の行動特性、認知特性のある幼児・児童・生徒に応用可能であり、放課後等デイサービス等の一定の質を担保する枠組みとなり、教育施策や地域支援等の幅広い場面で活用できるものであると考えている。

金 容必  教授薬学博士

微生物薬品化学研究室
天然物有機化学、分子生物学

  1. 新たながん分子標的薬の開発を目的として、低酸素下のがん特有転写因子であるHIF-1αをターゲットに微生物二次代謝産物から新しい分子標的を探索する。さらに化学構造を明らかにし、生理活性および作用機序を解明する。
  2. 新しい抗炎症薬の開発を目的として、炎症性刺激によって細胞が生産する炎症性物質の遊離を阻害する化合物の探索を行う。さらに化学構造を明らかにし、生理活性および作用機序を解明する。

角田 大  教授博士(理学)

構造生物化学研究室
生物構造化学

遺伝子であるDNAは様々な要因(化学物質・放射線など)により、損傷を受けている。生体内にはそれらを修復する機能が備わっており、蛋白質がその役割を担っている。それら蛋白質の立体構造を明らかにすることで、修復のメカニズムを分子レベルで解明する。

Goh Ah-Cheng  教授博士(理学療法学)

物理療法研究室
理学療法学

物理療法とは、理学療法士にとって重要な領域の一つになります。しかし、物理療法を効果的に用いるためには、エネルギーのコントロール方法を理解し、標的組織にエネルギーを届ける必要があります。これを“dosimetry”と言い、この20年の間、物理療法の中の温熱療法、電気療法、機械的な刺激を用いた療療法の“dosimetry”についての研究を行なっています。Dosimetryの研究結果は、臨床で治療を実施する際、ガイドラインとして使用できる治療モデルを発展させるためには非常に重要なものになります。臨床がいどらいんがなければ、どのような治療をしても良い治療効果を引き出すことは困難になります。

奈良 武司  教授博士(医学)

分子寄生虫学研究室
寄生虫学、生化学、進化生物学、治療薬開発

私たちの研究室では、中南米で流行する寄生虫疾患シャーガス病を対象に生物学的・医学的研究を進めています。シャーガス病はトリーパノソーマという単細胞真核生物(原虫と呼びます)の感染によって引き起こされる寄生虫病で、トリパノソーマを病原体とする疾患にはアフリカ睡眠病があります。トリパノソーマ感染症は別名「顧みられない熱帯病」と呼ばれ、熱帯・亜熱帯の貧しい国々でいまだに流行しています。病原体のトリパノソーマは吸血昆虫によって媒介されるため、吸血昆虫の生息地が疾患の流行地となります(このような病気を風土病と呼びます)。日本には媒介昆虫は生息していませんが、中南米からの移民の中にはシャーガス病の抗体陽性者がいることに加え母子感染も報告されています。
シャーガス病の治療には40年以上も前に開発された治療薬がいまだに用いられており、副作用が強いため新規治療薬の開発が待たれています。

松本 司  教授博士(薬学)

免疫薬理学(腸管免疫)
漢方医薬学、多糖類、腸管免疫

経口的に用いられる漢方薬のエキス中に含まれる薬効成分が生体と最初に相互作用する場は腸管である。臨床的に観察される漢方薬の薬効の一部は、腸管免疫系への作用を介する可能性も推定される。そこで、腸上皮細胞や腸管免疫系に対する漢方薬や生薬成分の調節作用を中心に研究を行っている。

村田 和子  教授薬学博士・博士(医学)

臨床免疫学

免疫とは自己と非自己(病原微生物など)を識別するために高次に制御された生体防御システムであるが、一方、免疫反応の異常はアレルギーや自己免疫疾患などの病気を引き起こす。本研究室では細胞内の蛋白質分解において重要な役割を果たす小胞輸送関連分子の遺伝子改変マウスを用いて、免疫制御ならびに免疫疾患発症制御における小胞輸送の機能解析を進めている。

楊箸 隆哉  教授医学博士,看護学修士

生体情報計測研究室
快適性、睡眠、運動、疲労、心理生理学、リハビリテーション

快適な睡眠、リラクゼーション、運動による疲労からの回復等について、感性工学・心理生理学的、また環境学的視点から取り組んでいる。

加藤 茂明  特任教授農学博士

ゲノム医学研究室(加藤研究室)
分子遺伝医学、遺伝子発現制御、発癌、ステロイドホルモン、ビタミンD

ヒト遺伝(ゲノム)情報の主たる取捨選択は転写レベルで行われます。そのため、染色体DNA上にコードされた膨大な遺伝情報の読み取りには、無数の因子や仕組みがあります。ステロイドホルモンや脂溶性ビタミンA・Dは、直接遺伝情報の取捨選択を行う事がわかっております。またこの緻密かつ精巧な仕組みや、この仕組みを担う因子群に量的質的な変異が起きると、生命現象に甚大な影響を及ぼします。がんをはじめとした様々な病態の中には、このような変異で説明出来る例が多い事はわかっております。

古川 勉寛  准教授博士(工学)

検査・測定研究室
理学療法学(検査・測定)、感性工学(感性計測評価)

理学療法で使用する検査・測定ツールは、原因の特定と効果判定に活用することができます。そのことは、高度化する理学療法の将来においても、重要な役割を担うと考えています。そのため、既存の検査・測定ツールの特徴抽出と統合に関する研究を実施しています。併せて、臨床で活躍する理学療法士の方と一緒に次世代の理学療法を考え、「創る」ことをしたいという想いから感性工学の視点を活用し、感性価値の発見と活用、需要と供給の予測、教育効果に関する研究を実施しています。

学部・大学院