医療創生大学いわきキャンパス

学部・大学院

教員の研究分野と内容 | 生命理工学専攻(修士課程:物質理学コース)担当

生命理工学専攻(修士課程:物質理学コース)

梅村 一之  教授理学博士

生理活性物質の合成、有機合成化学

ペニシリンに代表される抗生物質は、現代の医療現場で欠くことができない重要な医薬品の一つですが、MRSA(メシチリン耐性黄色ブドウ球菌)やVRE(バンコマイシン耐性腸球菌)などの耐性菌の出現と拡がりが大きな社会問題となっています。こうしたなかで耐性菌が出来にくいチオストレプトン系抗生物質(ノシヘプチドやMDL62,879など)や新たな生理活性物質(細胞毒物質や交感神経作動薬など)の合成研究、新規反応の開発研究を進めています。

片桐 拓也  特任教授薬学博士

分子免疫学

全身性自己免疫疾患モデルマウスMRL-lpr/lprのT細胞における異常を種々のキメラマウスの作成により明らかにした。更に、このマウスの異常増幅Tリンパ球の生化学的解析により、src ファミリーキナーゼFyn (p59fyn)の発現が顕著に亢進していることを見いだし、遺伝子ターゲッティング法を用いてFynを発現できないMRL-lpr/lprマウスを作成すると疾患が軽減し延命したことから、Fynが全身性自己免疫疾患治療における標的分子になりうることが明らかになった。FynのT細胞における機能を知るために、Fynの様々の変異遺伝子をT細胞クローンに強制発現して解析することによりFynがT細胞抗原レセプターを介したシグナル伝達に機能していることが判明した。

菊池 雄士  教授博士(医学)

免疫学

細菌やウイルスに対する生体防御(免疫応答)の活性化機構やアレルギー反応の抑制機構について、分子レベル、細胞レベルおよび動物個体レベルでの解析を進めている。これらの研究結果を、感染やアレルギーの診断、予防薬(ワクチン)や治療薬の開発に結び付ける事を目指している。

金 容必  教授薬学博士

天然物有機化学、分子生物学

1.新たながん分子標的薬の開発を目的として、低酸素下のがん特有転写因子であるHIF-1αをターゲットに微生物二次代謝産物から新しい分子標的を探索する。さらに化学構造を明らかにし、生理活性および作用機序を解明する。
2.新しい抗炎症薬の開発を目的として、炎症性刺激によって細胞が生産する炎症性物質の遊離を阻害する化合物の探索を行う。さらに化学構造を明らかにし、生理活性および作用機序を解明する。

住谷 賢治  教授博士(薬学)

医療薬学

小児や高齢者が容易に服用できる剤形に関する研究を行っている。また、様々な臨床現場で使用されている医薬品の効果が最大限に発揮され、かつ安全性が担保されているか否か、薬剤学の面から解明し、医薬品がより適正に使用されるための研究を行っている。

奈良 武司  教授博士(医学)

生命科学(生物学)

私たちの研究室では、中南米で流行する寄生虫疾患シャーガス病を対象に生物学的・医学的研究を進めています。シャーガス病はトリーパノソーマという単細胞真核生物(原虫と呼びます)の感染によって引き起こされる寄生虫病で、トリパノソーマを病原体とする疾患にはアフリカ睡眠病があります。トリパノソーマ感染症は別名「顧みられない熱帯病」と呼ばれ、熱帯・亜熱帯の貧しい国々でいまだに流行しています。病原体のトリパノソーマは吸血昆虫によって媒介されるため、吸血昆虫の生息地が疾患の流行地となります(このような病気を風土病と呼びます)。日本には媒介昆虫は生息していませんが、中南米からの移民の中にはシャーガス病の抗体陽性者がいることに加え母子感染も報告されています。 シャーガス病の治療には40年以上も前に開発された治療薬がいまだに用いられており、副作用が強いため新規治療薬の開発が待たれています。

松本 司  教授博士(薬学)

免疫薬理学(腸管免疫)

経口的に用いられる漢方薬のエキス中に含まれる薬効成分が生体と最初に相互作用する場は腸管である。臨床的に観察される漢方薬の薬効の一部は、腸管免疫系への作用を介する可能性も推定される。そこで、腸上皮細胞や腸管免疫系に対する漢方薬や生薬成分の調節作用を中心に研究を行っている。

村田 和子  教授薬学博士・博士(医学)

臨床免疫学

免疫とは自己と非自己(病原微生物など)を識別するために高次に制御された生体防御システムであるが、一方、免疫反応の異常はアレルギーや自己免疫疾患などの病気を引き起こす。本研究室では細胞内の蛋白質分解において重要な役割を果たす小胞輸送関連分子の遺伝子改変マウスを用いて、免疫制御ならびに免疫疾患発症制御における小胞輸送の機能解析を進めている。

村田 亮  教授医学博士・薬学博士

臨床薬学

臨床で人体に投与する医薬品製剤の安定性を製剤学および薬物動態学的な面から研究を行っている。種々の投与製剤における主薬の分布について、分析走査電子顕微鏡を用いて観察および解析できる方法を開発し、医薬品の有効性、安全性および使用性の面から適正使用できる医薬品製剤の開発を目指している。

山浦 政則  教授理学博士

薬化学

今まで,光学活性なヒドロキシピロリジン類の立体選択的な合成を行って来ており,新規化合物でかつ,強いグリコシダーゼ阻害活性が期待できる2-アミノメチル-3.4-ジヒドロキシピロリジンに着目し、可能な8種類の立体異性体を全て合成し、その阻害活性を調べた結果、いくつかの立体異性体で今までにない強い阻害活性を持つ化合物を見いだした。第二段階として、側鎖をさまざまな置換機で変換し、立体障害が少なく、ある程度脂溶性を持つ側鎖が、酵素特異性や阻害活性を向上させることを見いだした。現在,第3段階として,まだほとんど合成された例のない,Broussonetine類に着目し,まずは,それらの一般的合成法を確立し,新しいグリコシダーゼ阻害剤を創製することを目的とする。

山﨑 直毅  教授薬学博士

薬化学

1. 三級窒素の保護–脱保護法の開発
 ヨウ化物イオンは分極力が大きく、共有結合を作り易い性質を持つ。これを利用して三級窒素の保護−脱保護法の一般化を確立する。
2. マクロライドのエーテル修飾によるプロファイルの向上
 エリスロマイシンは1箇所の水酸基を化学修飾をすること(6位-OMe化)だけで、酸に対する安定性を獲得するばかりでなく、I相代謝や排泄経路まで(良い方向に)大きく影響を及ぼすことが判っている。他のマクロライド抗生物質に対し1. で確立した方法を適用してエーテル修飾を施し、医薬品としてのプロファイル向上を図る。

加藤 茂明  特任教授農学博士

分子細胞生物遺伝学

性ステロイドホルモンや脂溶性ビタミンD類は、リガンド依存性転写制御因子である核内受容体を介した遺伝子発現制御により生理作用を発揮する。この転写制御には、染色体構造やエピゲノムの制御を介して行われるため、乳がん等の性ホルモン依存性がんや女性ホルモン欠乏により引き起こされる骨粗鬆症等の病態においては。これらの制御機構の不全や破綻が伴う。当研究室ではこれら病態の分子機構の解明や創薬標的分子検索を念頭におき分子細胞生物学・遺伝医学的手法により、核内受容体を介するエピゲノム制御や細胞内情報伝達機構の解明を行っている。

坂本 直道  教授博士(工学)

生命科学(生物学)

近年、「医工学」という新しい学問分野が注目を集めつつあります。医工学とは医療系の学問と工学を融合した分野です。例えば、診断装置や人工臓器など、医薬の知識だけでは作ることはできません。もちろん、それらの装置が体に悪影響を及ぼすか、という知識は工学を学ぶだけでは得られません。この場合、医療系と工学系の両方の知識を持った人材が重要視されています。

佐藤 陽  准教授博士(薬学)

衛生薬学、脂質生理学

脂質は、人間が生きるために必要不可欠な三大栄養素の一つである。しかし近年、脂質の過剰摂取や、高血圧や糖尿病、脂質異常症、肥満、喫煙、加齢などによる脂質の過酸化により、動脈硬化やがん、アレルギーなど様々な病気を引き起こすことが問題となっている。現在私達は、脂質が関連する病気の新たなメカニズムを明らかにするとともに、その予防・診断・治療薬の開発を行っている。

丹治 貴博  准教授博士(薬学)

細胞生物学、生化学、分子生物学

【1.健康長寿の研究】
線虫(C. elegans)をモデルに、健康長寿をもたらす環境要因を探索します。運動能力や、加齢に伴い発症リスクが増加する様々な神経変性疾患においてその原因となる異常タンパク質の蓄積を健康長寿の指標に、食餌(栄養成分、プロバイオティクスなど)や薬物の影響を解析します。さらに、変異体やRNAi(RNA干渉)等の手法を用いて、それらの環境要因が健康長寿をもたらす分子基盤の解明を目指します。

【2.細胞内薬物送達の研究】
薬の有効成分を作用部位に効率的に到達させることで、より少ない用量で薬が効き、副作用の軽減も期待できます。近年発展が著しい中分子医薬は、細胞内に取り込まれて標的分子に作用させることができます。この細胞内や細胞小器官内への取込み機構について、線虫(C. elegans)をモデルに、細胞生物学的手法、遺伝学的手法を用いて解析します。

角田 大  教授博士(理学)

生物構造化学

遺伝子であるDNAは様々な要因(化学物質・放射線など)により、損傷を受けている。生体内にはそれらを修復する機能が備わっており、蛋白質がその役割を担っている。それら蛋白質の立体構造を明らかにすることで、修復のメカニズムを分子レベルで解明する。

学部・大学院