医療創生大学

学部・大学院

健康医療科学部の特色

健康・医療をシームレス(連続的)に科学する人材を。

これからの時代、健康の維持・増進から病気の予防・治療、予後までを連続的に捉えて他職種が連携し、対象者の多様性に対応しながら「QOL(Quality of Life:生活の質)」を高めることが求められます。本学では、健康・医療課題を解決するための「科学的思考」を身につけるとともに、作業療法士(OT)・理学療法士(PT)にふさわしいヒューマニズムや倫理観の修得をめざします。

OT:Occupational Therapist
PT:Physical Therapist

 

自ら課題発見・解決できる人材を。

健康・医療に関わる専門家として、その進展に対応するために国家資格取得後も学び続け、自ら課題を発見し、解決できる人材の育成を目指します。本学では、臨床経験・国際経験豊かな教員陣の下、特徴的なカリキュラムによって次世代の医療技術者を養成します。

より質の高い医療技術者※2を。

学部設立の背景には、福島県に医療・保健・介護・福祉人材が不足し、量的充足と質の向上が求められていました。本学部は、福島県初の4年制大学におけるOT・PT養成課程です。医療機関と密接に連携し、「健康寿命の延伸」及び「地域包括ケアシステムの構築」に貢献する高度な医療技術者の養成に取り組みます。
※2:医療・介護現場の変化に応えるため、近年はOT・PT養成の教育水準が高度化しています。海外には修士(大学院卒)以上にOT・PT資格が与えられる国も多く、日本でもOT・PTを養成する大学が増加しています。

海外の大学との国際交流で、世界基準の知識・技能に触れる

本学部は、2019年度に学生交流や国際共同研究を推進することを目的に、マレーシアのMahsa University(MAU)および シンガポールのSingapore I nstitute of Technology(SIT)と国際交流協定を締結しました。2019年度はMAUの学生が短期留学生として本学で約1カ月間学びました。今後、共同研究や学生を対象とした短期留
学プログラムを実施する予定です。世界基準の知識・技能に触れ、広い視点を持った国際レベルで通用する医療技術者の養成を目指します。

学部・大学院