医療創生大学

学部・大学院

在学生の声
学生Photo

作業療法士の仕事内容に魅力、

将来は地元の医療に貢献したい。

作業療法学科 2年
野木 千歳さん
(福島県立磐城桜が丘高等学校出身)

高校2年生の時にリハビリテーションの仕事について調べた際に、作業療法士という資格を知りました。料理や創作活動等、患者さんの好きなことを治療に活かし、生活の質を高めるという仕事内容に魅力を感じました。将来は地元の医療に貢献したいと考えていたので、福島県内で作業療法が学べる4年制大学という条件を満たす医療創生大学を選びました。
 
先生は気軽に声をかけやすく、相談しやすい方ばかりです。専門知識から臨床の現場までの幅広い知識を一人ひとり丁寧に指導していただいていると感じます。
 
今後一番学んでみたい科目は地域作業療法学です。作業療法士がどう地域に関わっていくのかに興味があり、指導される先生が行政職の作業療法士として、これまでどのように地域リハビリテーションを実践してきたのか知ることができるので楽しみです。

【インタビュー日:2020年2月19日】

学部・大学院