古川 勉寛
健康医療科学部◎理学療法学科 教員プロフィール
古川 勉寛 准教授/博士(工学)
ふるかわ かつひろ. FURUKAWA Katsuhiro
◎学部長補佐

学生・受験生へのメッセージ

【理学療法学科の学生・受験生の皆さんへ】
Dr. Johansonは、理学療法実践の文化を3つのCから始まる言葉で表現しています。理学療法サービスを受ける人を救いたいと願う深い思いやり(Compassion) 、世話し(Caring)、快適さ(Comfort)を追究する(※1)ことを示す3Cです。次代の理学療法を担う皆さんが、4年間本学で正格な知識と技術を身につけた状態で国家試験に合格し、信頼される理学療法士になることをガイドし、サポートしたいと考えています。
※1:Comfortを追究するとは、科学的根拠に基づく理学療法の実践が含まれます。

【大学院 生命理工学研究科 生命理工学専攻(修士課程)院生・受験生の皆さんへ】
臨床経験2年以上を有し、現役で活躍する作業療法士・理学療法士の方を院生に迎え、院生と対話(※2)しながら①臨床疑問の整理、②文献の調査(システマティック・レビュー)、③研究目的と方法の検討、④研究倫理審査の申請、⑤データ収集と分析および考察、⑥学会発表、⑦修士論文の作成に挑戦します。これらを学び、臨床現場で臨床推論(クリニカルリーズニング)や臨床判断(クリニカルディシジョンメイキング)に応用できることを目指します。
※2:対話を大切にしていますので、研究未経験者から研究経験者まで個別に対応することを心がけています。

◎略歴
【主な学歴】
〇専門学校 藤リハビリテーション学院 理学療法学科 卒
〇信州大学大学院 工学系研究科 修了 修士(工学)
〇信州大学大学院 総合工学系研究科 修了 博士(工学)

【主な職歴】
〇学校法人 渡辺学園 東京家政大学 学園運営室
〇いわき明星大学(現・医療創生大学) 薬学部 薬学科 講師
〇医療創生大学 健康医療科学部 理学療法学科 准教授(現在に至る)
◯医療創生大学 生命理工学研究科 生命理工学専攻 准教授(現在に至る)
◎担当授業科目
フレッシャーズセミナー、理学療法評価学、生体応用計測論、リハビリテーション工学演習、人体の機能演習、運動学演習、運動療法学総論、地域・在宅医療(薬学部)
◎専攻研究分野
理学療法評価学、理学療法教育・管理
◎主な研究業績
【主な学術論文】
  1. 持続的な聴覚刺激が下肢骨格筋支配の脊髄興奮準位に与える影響
  2. 音声トリガによる誘発筋電図を用いた脊髄興奮準位測定の試み
  3. 発声が運動制御系に与える影響に関する研究
  4. 動作にともなう発声の実態調査とその生理的効果の検討
  5. The effect of vocalization on spinal excitation as measured by H wave
  6. 発声イメージが下腿三頭筋支配の脊髄興奮準位に及ぼす影響
  7. 理学療法基礎教育における工学的手法を用いた演習の紹介と学生の意識調査
  8. 東北地方における理学療法士養成教育機関の分布調査
他24編以上

【発表】
  1. 学生による腰部可動域の評価‐マーキングの有無による信頼性、第44回日本理学療法学術大会
  2. ダンス活動が廃用症候群の改善に役立った症例について、第22回埼玉県作業療法学会
他 41編以上
◎主な学会活動
Society for Learning Analytics Research、International Society for Electrophysical Agents in Physical Therapy、日本感性工学会、日本理学療法士協会、日本生理人類学会、日本医学教育学会、バイオメカニズム学会 他
◎その他
東北大学 新任教員プログラム修了(NFP039-2018/005)
第42回理学療法士・作業療法士・言語聴覚士養成施設等教員講習会 修了
一般財団法人 公正研究推進協会 医学研究者標準コース カリキュラム 修了
元 福島県総合計画審議会 委員
健康推進企業普及部会 委員