窪田 文子
心理学部◎臨床心理学科 教員プロフィール
窪田 文子 教授/社会科学博士(ミシガン州立大学)
くぼた のりこ. KUBOTA Noriko
◎心理学部長/人文学研究科長/心理相談センター長

学生・受験生へのメッセージ

自分を知ることは大切ですが、自分はこうだと簡単に自己既定してしまわず、可能性に開かれた姿勢で何事にも臨んでみてください。気づかなかった自分を発見することができるでしょう。

◎略歴
筑波大学第二学群人間学類卒業
筑波大学大学院教育研究科修了 教育学修士
筑波大学心理学系助手
ミシガン州立大学大学院社会福祉学科 社会福祉修士
山野美容芸術短期大学専任講師
ミシガン州立大学大学院社会科学学部 博士(社会科学)
ミシガン州立大学社会福祉学科インストラクター
大妻女子大学家政学部ライフデザイン学科 准教授
いわき明星大学(現・医療創生大学)人文学部心理学科 教授
いわき明星大学(現・医療創生大学)教養学部地域教養科 教授(人文学部兼務)
医療創生大学心理学部臨床心理学科 教授

◎担当授業科目
学 部:臨床心理学概論 心理学実験1・2 公認心理師の職責 心理演習 専門ゼミ1・2 卒業研究
大学院:臨床心理学特論 臨床心理面接特論 臨床心理実習 臨床心理学研究法 臨床動作学特論 臨床心理学特殊研究
◎専攻研究分野
臨床心理学、教育相談、臨床動作法、催眠面接法
◎主な研究業績
(2020)自己弛緩による姿勢制御の変容-重心動揺による分析- 医療創生大学大学院人文学研究科紀要, 17, 36-44.
(2015)被災者支援のためのストレスマネジメントの試み:動作法によるセルフリラクセーション.  いわき明星大学心理相談センター紀要, 9, 9-14.(単著)
(2015)臨床動作法の自己弛緩過程における体験と生理的反応の検討Ⅰ いわき明星大学人文学部研究紀要, 28, 152-158.(共著・筆頭)
(2015)臨床動作法の自己弛緩過程における体験と生理的反応の検討Ⅱ いわき明星大学人文学部研究紀要, 28, 159-165.(共著・第二)
◎主な学会活動
日本心理臨床学会学会誌編集委員
日本催眠医学心理学会国際交流委員
◎その他
臨床心理士(日本臨床心理士資格認定協会)
公認心理師