佐藤 真一
健康医療科学部◎作業療法学科 教員プロフィール
佐藤 真一 准教授/修士(公共政策)
さとう しんいち. SATO Shin-ichi
◎作業療法学科2年次学年主任

学生・受験生へのメッセージ

作業療法は、患者さんとセラピストで行う協業作業であると考えています。これから作業療法を目指す学生さんは傾聴することを基礎とする、コミュニケーション能力を身につけることや、多くの“遊び”やアルバイトを通して社会経験を積んでください。一見無駄と思えるような事でも作業療法の広がりに繋がることが多くあります。
私の講義の中では技術を伝達することを心がけています。検査することも治療することも作業療法における技術です。多くの見学を含む体験と自身の経験を積み重ねることで技術の向上を図れるように計画しています。

◎略歴
川崎リハビリテーション学院 作業療法学科 卒業
放送大学 教養学部 卒業
山梨学院大学 社会科学研究科 修了

職歴
川崎リハビリテーション学院 作業療法学科
信州大学医学部付属病院 リハビリテーション部
市立甲府病院 リハビリテーション室
健康科学大学 健康科学部 作業療法学科
藤田医科大学 医療科学部 リハビリテーション学科
医療創生大学 健康医療科学部 作業療法学科
◎担当授業科目
運動学、作業評価学、身体機能評価学演習Ⅰ、スプリント、義肢装具学演習、身体機能作業療法学演習、臨床実習
◎専攻研究分野
上肢運動器疾患の作業療法、義肢装具学、福祉機器
◎主な研究業績
近年5年間の業績
【学会発表】
  • 佐藤真一、伊藤安海他:多職種による高齢者ドライバー支援事業の実践-安全に地域で長く運転するために、第15回日本リハビリテーション連携科学学会、2014
  • 佐藤真一、粥川智子他:理学・作業療法士養成課程での臨床実習における大学と臨床実習病院の連携、第17回日本リハビリテーション連携科学学会、2016
  • 井上稚菜、佐藤真一他、乳がん術後、放射線治療に必要な肩関節可動域の検討、第52回日本作業療法学会、2018


【原著】
  • 佐藤真一:客観的機能評価法と患者立脚型評価法.作業療法ジャーナル.Vol51.no8.664-667 2017.
  • Akiko Maeda, Toshio Teranishi, Shin-ichi Sato, et al: Analysis of accidents during rehabilitation training at an acute-care hospital, Fujita Medical Journal, Vol4no4,97-102,2018
  • 佐藤真一、青山俊喜,他:両側同時上腕骨人工骨頭置換術患者の機能的自立度評価表(FIM)を用いたADL獲得過程の検討、生体応用計測、第8号25−28、2018


【著書】
  • 山本伸一編 臨床OT ROM治療(分担執筆)、三輪書店、2015
  • 作業療法臨床実習の手引き2018(分担執筆):日本作業療法士協会、2018.
  • 作業療法教育ガイドライン2018(分担執筆):日本作業療法士協会、2018.
  • 才藤栄一監修 PT・OTのための臨床技能とOSCE コミュニケーションと介助・検査測定編第2版(分担執筆)、金原出版、2019.

◎主な学会活動
日本作業療法士協会 
日本リハビリテーション医学会
日本リハビリテーション連携科学学会
◎その他
専門作業療法士(福祉機器)、認定作業療法士:日本作業療法協会
シューフィッター:足と靴と健康協議会