山浦 政則
大学院◎生命理工学専攻 教員プロフィール
山浦 政則 教授/理学博士
やまうら まさのり. YAMAURA Masanori
◎大学院理工学研究科 物質理学専攻副主任/薬学部 教授

学生・受験生へのメッセージ

有機合成には2つのアプローチがある。1つ目は、化合物の活性や耐性、毒性等に注目して合成を進める場合である。これは、決まった攻め手が少なく、とにかく短期間で大量の誘導体を合成し、活性を確認しながら細かく展開してゆく必要があり、大学の一研究室で挑戦するには無理がある(ただし、ランダムスクリーニングに近いものなら可能)。もう1つは、合成の独自性である。自分たちで積み上げた独自のケミストリーで、新反応や、新合成法を駆使し、合理的かつ華麗に標的化合物に到達する方法であり、我々は後者の立場をとる。

◎略歴
1977年3月 神奈川大学 工学研究科 大学院修士課程 修了
1977年4月 キッセイ薬品工業株式会社 中央研究所薬化学研究員
1980年4月 同社 退社
1980年5月 東京工業大学理学部 天然物化学研究施設 研究生
1983年4月 東京工業大学 理学部 天然物化学研究施設 助手
1985年6月 理学博士 (東京工業大学 理学部 天然物研究施設)
1985年8月 Duke 大学 (USA) 博士研究員
1986年3月 東京工業大学 理学部 退職
1988年3月 Duke 大学 退職
1988年4月 いわき明星大学 理工学部 基礎理学科 専任講師
1991年4月 同大 同学科 助教授
2002年4月 同大 環境理学科 教授
2004年4月 同大 生命環境学科 教授
2007年4月 同大(現・医療創生大学) 薬学部薬学科 教授
至 現在
◎担当授業科目
有機化学特論(修士課程 物質理学コース)
◎専攻研究分野
【研究内容】
自分達で開発した新しい反応や新規合成法を活用し、標的化合物に到達する。
1 新規反応および新規合成法の確立
  1. グルカールの新規合成法
  2. グルカールを用いたグリコシド化反応
  3. 新規デオキシ化反応
  4. 保護基から行う直接グリコシド化反応
  5. 光学活性ニトロンの新規合成法
  6. 新規不斉誘導システムの構築と機構解明
2 天然物および関連物質の合成
  1. 金線蓮由来生理活性物質AF-2の構造決定と合成
  2. AF-2の構造活性相関
  3. ヒドロキシプロリン類の新規合成法
  4. 光学活性なプロリン誘導体の、グリコシダーゼ阻害剤としての構造活性相関
  5. Actinoflavosideの合成研究
  6. (+)-Codonopshinineの合成研究
  7. Broussonetine Dの合成研究
◎主な研究業績
[原著論文] *Corresponding author
  1. Dielectrically controlled resolution(DCR) of 3-aminopiperidine via diastereomeric salt formation with N-tosyl-(S)-phenylalanine; Rumiko Sakurai, Kenichi Sakai, Koichiro Kodama, Masanori Yamaura, Tetrahedron: Asymmetry 23, 221-224 (2012).
  2. Sakuai, R., Uchida, A., Hattori, T., Yamaura, M.,Conformational analysis of diastereomeric α-Amino nitriles, J. Comput. Chem. Jpn. 7, 117-124(2008).
  3. (2R,3aS,8aR)-2-(4-Methoxyphenyl)-3,3a,8,8a-tetrahydro-2H-indeno{1,2-d}oxazole; A. Uchida, T. Hattori and M. Yamaurra, Acta Cryst.420-421(2007).
  4. Synthesis of 3-O-β-D-Glucopyranosyl-(3R)-hydroxybutanolide(Kinsenoside) and 3-O-β-D-Glucopyranosyl-3S)-hydroxybutanolide(Goodyeroside A); K. Suzuki, N. Suzuki and M. Yamaura J. Carbohydr. Chem., 24, 73-84(2005).
  5. Synthesis of 1-S-2-O-Benzulidene Sugar and Its Application to Stereoselective Glycosidation Reaction; H. Nonaka, K. Suzuki, M. Yamaura, Glycobiology, 14, 1089(2004).
  6. Synthesis of Actinoflavoside; Glycosidation of a new Flavanone with D-Ristosamine; M. Yamaura, K. Suzuki, T. Tsuruga, K. Hiranuma and Y. Watanabe, Glycobiology, 14, 1088-1089(2004).
  7. Reductive Ring-Opning Reaction of 1,2-O-Benzylidene and 1,2-O-p-Methoxybenzylidene-α-D-glucopyranose Using Diisopropyl Aluminum Hydride; K. Suzuki, H. Nonaka, and M. Yamaura Carbohydrate Chem., 23, 253-259(2004).
  8. [1SR,2RS,(RS)]-N-cyano(phenyl)methyl-1-aminoindan-2-ol:crystal structre and reactiveity towards thermal epimerization in the solid state; R. Sakurai, O. Itoh, A. Uchida, T. Hattori, S. Miyano and M. Yamaura Tetrahedron, 60, 10553-10557(2004).
  9. Epimerization of Diastereomeric α-Amino Nitryles to Single Stereoisomers in the Solid State; R. Sakurai, S. Suzuki, J. Hashimoto, M. Baba, A. Uchida, O. Ito, T. Hattori, S. Miyano, M. Yamaura, 0rg. Lett., 6, 2241-2244(2004).
  10. Synthesis of 7,8-Dihydroxy-5-hydroxymethyk-2-phenyl-chromane-4-one; the Aglycon of Actinoflavoside; K. Suzuki, T. Tsuruga, K. Hiranuma, M. Yamaura, Synlett 116-118(2004).
  11. Practical synthesis of 1,2-O-benzylidene and 1,2-O-p-methoxybenzulidene hexopyranoses; K. Suzuki, T. Mizuta and M. Yamaura, Carbohydrate Chem., 22, 71-75(2003).
  12. Regioselectivity in the reductive ring-opning reaction of 1,2-O-benzylidene sugars; K. Suzuki, H. Nonaka and M. Yamaura, Tetrahedron Lett., 44, 1975-1977(2003).
  13. New Aldobiuronic Acid, 3-O-α-D-Glucopyranofuranosyl-L-rhamnose, from an Acidic Polyrsaccharide of Chlorella vulgaris; K. Ogawa, M. Yamaura, Y. Ikeda, and S. Kondo, Biosci. Biotechnol. Biochem., 62, 2030-2031(1998).
  14. Hydrogenation and Passivation of B in Si by Boiling in Water Pressurized up to 10 Atm; Y. Ohmura, K. Abe, O. Ohtaka and M. Yamaura, Materials Science Forum Vols. 258-263, 185-190 (1997).
  15. Total Synthesis of Antibiotic Karnamicin B1; Kazuyuki Umemura, Koichi Watanabe, Kazumasa Ono, Masanori Yamaura, and Juji Yoshimura, Tetrahedron Lett., 38, 4811-4814 (1997).
  16. Isolation and Identification of 2-O-Methyl-L-rhamnose and 3-O-Methyl-L-rhamnose as Constituents of an Acidic Polysaccharide of Chlorella vulgaris; Kazutoshi Ogawa, Masanori Yamaura, and Isao Maruyama, Biosci. Biotech. Biochem., 61, 539-540 (1997).
  17. A Facile Synthesis of Fragment D of Antibiotic; Nosiheptide; Kazuyuki Umemura, Takashi Tate, Masanori Yamaura, Juji Yoshimura, Yasuchika Yonezawa, and Chung-gi Shin, Synnthesis 1423-1426, 1995.
  18. Isolation and Identification of 3-O-Methyl-D-galactose as a Constitutuent of Neutral Pollysaccharide of Chlorella vulgaris; Kazutoshi Ogawa, Masanori Yamaura, and Isao Maruyama,Biosci. Biotech. Biochem., 58, 560-562 (1994).

[総説]
  1. 光学活性化合物を創り出す新しい原理の発見とそのメカニズムの解明; 山浦 政則、教員研究紹介,いわき明星大学大学院理工学研究科,27-32(2010).
  2. α-アミノニトリルジアステレオマーの配座解析; 櫻井ルミ子,内田朗,服部徹太郎,山浦政則,J. Comput. Chem. Jpn., 7, 117-124(2008).
  3. 1,2-O-ベンジリデン糖の効率的な合成法とその還元的開環反応; 野中寿人,鈴木克彦,山浦政則, いわき明星大学理工学部研究紀要17,9-16(2004).
  4. 環境理学教育における多人数実験実習教育の実践的研究I; 山浦政則,岩本振武,勝又春次,梅村一之,鈴木克彦,櫻井督士, いわき明星大学理工学部研究紀要16,67-74(2003).
  5. 生理活性天然物の全合成および構造活性相関; 山浦政則, いわき明星大学理工学部ハイテクリサーチセンター報告書p.107-120(2003).
  6. ヒドロキシプロリン類の系統的な立体選択的合成法の確立; 山浦政則, いわき明星大学ハイテクリサーチセンター中間報告書p.33-42(2001年).
  7. 生理活性物質の全合成および構造活性相関; 山浦 政則, いわき明星大学ハイテクリサーチセンター研究概要p.42-50(2000年).
  8. 高温水によるSi中Bのパッシベーション; 阿部勝行,大村八通,山浦政則,信学技法1997,CPM97-52 1-6.
  9. ヨウ化サマリウム(SmI2)の有機合成への応用; 山浦 政則,梅村 一之,吉村 寿次, いわき明星大学 理工学部 研究紀要 8, 7-16(1995).
  10. キラル合成について; 吉村 寿次,山浦 政則, いわき明星大学 理工学部 研究紀要 2, 10-15 (1989). 

[著書(翻訳を含む)]
  1. ストライトウィザー有機化学解説第4版; 山浦 政則(共著)広川書店(1995).

◎主な学会活動
アメリカ化学会会員
日本化学会会員
日本薬学会会員
有機合成化学協会会員
日本糖質学会会員
日本希土類学会会員
◎その他
[公的競争的資金]
2003-2004年度
 文部科学省科学研究費補助金(萌芽研究)代表(2,700千円)
  「αアミノニトリル誘導体の固相熱異性化反応」
2002-2004年度
 福島県知的クラスター形成事業(福島県,文部科学省)代表(14,559千円)
  「医療生体材料の開発-加水分解酵素阻害剤の創製-」
1997-2001年度
 いわき明星大学ハイテクリサーチプロジェクト(文部科学省)分担(部門代表;74,950千円)
  高次組織構造体の構造機能相関-生理活性天然物の全合成および構造活性相関-