「こころ」を学ぶ。
「からだ」を学ぶ。

特色ある教育システムで、これからの看護師(保健師)に必要とされる
「こころ」と「からだ」を両面からケアする実践力を身につけます。

特色ある教育システム ~学びのグルーピング~

一人ひとりに最適な看護を行うには、病気だけを注視するのではなく、患者さんの発達段階や生活環境も適切に把握する力が必要です。 そのため本学では、看護学の分野を大きく4つにグルーピングし、人間のライフサイクル上の連続性を踏まえたうえで1つの領域のみに視点を置くのではなく、全領域を意識しながら学修するカリキュラムを展開しています。 特色ある教育システムで、これからの看護師(保健師)に必要とされる「こころ」と「からだ」を両面からケアする実践力を身につけます。

(1)看護実践基盤学

「こころ」と「からだ」を切り離すことなく学び、患者さんの生活環境や、生まれてから老年に至るまでのライフサイクル上の連続性を常に意識した看護活動ができるよう、基礎をしっかりと身につけます。

(2)生涯発達看護学

ライフサイクルの観点から、人間の発達段階各期の特徴と、それにともなう健康特性や健康課題について理解を深めます。また、発達段階各期に適した健康支援方法について学びます。

(3)健康生活看護学

人間の発達段階において起こる健康障がいのメカニズムや特徴について学びます。また、科学的思考に基づいて看護課題を把握する方法や解決に関する理論・援助技術を修得していきます。

(4)地域養生看護学

居宅あるいは療養施設など、生活する場所に応じた看護課題の把握方
法を学びます。また、課題解決のための支援や地域コミュニティ、行政
組織との関わりについても理解を深めていきます。

4年間のカリキュラムフロー

4年制大学ならではの充実の教養教育

初年次の導入教育で、大学の学びにスムーズに移行

入学後にスタートする「フレッシャーズセミナー」では、アクティブラーニング中心の授業を通し、大学での学修に必須の基礎力(聞く・話す・調べるスキル)や、課題発見・解決力、コミュニケーション力を身につけます。

大学ならではの多様な教養科目

大学ならではの幅広い一般教養科目を用意。「心理学概論」や「ことばの科学」はコミュニケーション力、「経済学入門」や「経営学入門」はマネジメント力のアップに役立ちます。

“チーム医療”を具体的に理解

「チーム医療」の授業は、他学部の教員も参加するオムニバス方式で実施。それぞれの専門の立場から授業を進めるので、“チーム医療”をより具体的に理解できます。

看護実践力と基礎的な研究力を修得

「看護学シミュレーション」で知識・技能・態度を統合

3年生の「看護学シミュレーション」は、1~2年生で学んだ看護援助方法やアセスメント技術の確認を、実際の病院を想定した実習室で行います。自分自身の援助行動等を客観視し、これらの経験、振り返り、検証を行うことにより知識・技能・態度の統合を図り、その後始まる病院等各施設での実習に活かします。

卒業後のキャリアアップに役立つ研究力を修得

看護師には、看護実践に対する研究的な視点も求められます。本学では、3年次以降に取り組む「看護の統合と実践」科目群を通して、将来にわたり自己研鑽を継続する能力や基礎的な研究力を養います。こうした能力をベースに、大学院に進学して興味・関心のある看護領域を深めることもできます。

◎このウェブサイトに関するお問い合わせ

学生課
gakusei@isu.ac.jp

医療創生大学
〒970-8551
福島県いわき市中央台飯野5-5-1
Tel:0246-29-5111(代)
Fax:0246-29-5105
数字で見る看護の仕事ナースペディア