医療創生大学

NEWS

【重要】2020年度の授業開始について(第11版)
2020.06.24 19:20
 
新型コロナウィルス感染予防に伴い、5月7日(木)より、遠隔授業を開始しておりましたが、6月18日(木)の福島県知事のメッセージを受けて、下記の通りといたしますのでお知らせいたします。
 
■学事日程について
1.前期授業期間:令和2年5月7日(木) ~ 令和2年8月31日 *(8/11~15)除く
前期授業は基本的に遠隔授業での実施としておりましたが、首都圏の1都3県及び北海道との往来の自粛解除や
イベント等の開催規模の要件緩和を受け、7月1日(水)より段階的に対面での授業を開始します。
対象となる「科目」につきましては、manab@ISU(履修登録科目ごとの通知)にて必ず確認してください。
 
2.大学内の施設の開放
(1)授業方法の確認
科目、日時、授業方法を、manab@ISU(履修登録科目ごとの通知)にて必ず確認してください。
(2)遠隔授業が継続される授業を受講するための教室開放(1~5限)
 自宅等で遠隔授業の受講が困難な学生へ教室を開放します。
 開放教室 全学部共通:AV大講義室、学習センター(1階~3階)
 教室を利用する場合「開放教室 利用者心得」を遵守してください。利用する際は、イヤホンやヘッドホンを必ず使用し受講してください。
(3)学生食堂・図書館の開放
 マスクの使用および手指消毒を徹底してください。また、席の移動は厳禁とします。
 厚生館2階(学生食堂):月曜日~金曜日(11時30分~13時30分)
 厚生館1階:月曜日~金曜日(9時00分~16時30分)
   図書館:月~金(10時~16時30分)
   図書館は「文献複写」「図書の貸出・返却」のみ利用可能となります。
    自習利用はできません。
    プリンター利用は利用可能となります(感染防止に留意すること)。
 
3.留意事項
・県外に移動する場合は、移動先の感染状況を確認し、マスク着用などの感染防止対策を徹底するなど、慎重な行動をお願いします。
・継続的に感染者の発生が見られるような、相対的に感染リスクの高い地域に移動する場合や、そうした地域から御家族が帰省される場合等には、移動後2週間の行動歴を記録するようお願いします。
・通学経路においても感染防止に努めてください。
・発熱等の風邪の症状がみられる場合は、電話にて連絡してください。(教務学生課:0246-29-7116・7118)
・検温等は継続して、毎朝行いmanab@ISU「健康観察表」へ記録してください。
・体育実技等で更衣室を利用する際は「三密」にならないように十分留意してください。
 
4.課外活動
 クラブ、サークル等の課外活動については、顧問の責任のもと活動を認めることとします。3密を避ける、マスクを使用する、手指消毒を徹底する、人と人との距離を確保するといった取り組みを行い、感染防止に努めてください。クラブハウスの利用も可能としますが、上記の取り組みを徹底してください。定期的に巡回し、徹底されていない場合は、クラブハウスの利用を停止します。
 また、大会等への参加を予定する場合、顧問の了解を得たのちに「活動届」を教務学生課へ提出・許可を得たうえで参加するようにしてください。
 学内活動時間:月曜日~金曜日(~16時30分)
        土曜日(~14時30分)
 
5.事務局対応
  月曜日~金曜日:9:00~17:00
  土曜日:9:00~15:00
 
 
 
 
新型コロナウイルス感染症予防対策について(学生用) 
令和2年5月30日版
医療創生大学 保健管理センター
 
日常生活で気をつけること
〇毎日、体温を測定して記録(manab@ISU)しておく。
〇咳、倦怠感、味覚異常などの有無、行動記録を毎日ノートにつける。
〇密集、密閉、密接など人との3密になる行動を避ける。
〇他の人と話す場合、マスクを着用し2m離れる。
〇外出時にはマスクを着用し、こまめな手洗いや咳エチケットを徹底する。
(咳や くしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、 口や鼻をおさえる)
 
持病がある方
○ 基礎疾患(持病)のある方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話で相談する。
 
体調不良の場合
○ 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校を休み外出を控える。
〇 以下のいずれかに該当する場合には、すぐに帰国者・接触者相談センターに相談する。大学にも電話連絡を入れる。
★息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
★重症化しやすい(※)者で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
★上記以外で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 
(症状が4日以上続く場合は必ず相談する。症状には個人差があるので、強い症状と思う場合にはすぐに相談する。解熱剤などを飲み続けなければならない場合も同様に対応する。)
大学連絡先:0246-29-5111
問合せ先:いわき市保健所「帰国者・接触者相談センター」0246-27-8596
 
〇保健所・医療機関等による検査の結果、罹患していた場合は、保健所の指示に従って大学へ報告すること。