医療創生大学

NEWS

今日の大学(7/2)
2020.07.02 14:20

7月2日(木)

今日は、薬草園で栽培されている桔梗(キキョウ)のご紹介です!
 
 
(以下、「薬学ブレティン」 松本 司 教授より。)
桔梗(キキョウ)
花言葉は「清楚、気品」。
 キキョウと云う和名は、漢名の桔梗を音読みしたことに由来します。 500年ほど前の中国の本草学者である李時珍は「この草は根(桔実)が堅くて梗直だから桔梗と名付けられた」と記述しており、桔梗の語源は根が固いと云うことのようです。
 乾燥した根は第15改正日本薬局方にも収載される生薬です。古くから鎮咳、去痰、排膿作用が知られており、咳やのどの痛みを鎮め、痰を切るなどの目的で桔梗湯など各種の漢方処方に配剤されています。
 アリランとともに日本でよく知られている韓国民謡「トラジ」のトラジとは桔梗のことですが、お隣の韓国では根を漬物として好んで食用にしています。まさに薬食同源・医食同源といえる生薬です。