医療創生大学いわきキャンパス

学部・大学院

看護学科

看護学部長からのメッセージ

地域住民の健康生活を支える、
やりがいのあるキャリアの探求を!

看護学部長 大堀 昇 教授

看護学部長

我が国は、類を見ないスピードで少子高齢化が進行しており、今後も続くと予想されています。また、疾患や障害を抱えながら地域で生活する人々も増えてきています。これらの意味するところは、医療・介護ニーズの増大と多様化です。看護は、人間が健康的に「生きていること」「生きていくこと」「暮らすこと」を支える実践であり、看護の需要はますます高まっていくといえるでしょう。

看護師には、専門知識と技術をはじめ、多様な価値観、倫理観、多職種との連携を必要とし、安全・安心な実践が求められます。看護師は、これまで社会の求めに応じ保健、医療、介護、地域の様々な場において、「生きること」を支える役割を広く担ってきました。近年では、社会のIT化、グローバル化、医療の高度化専門化が進行するなか、看護師の役割拡大も期待されています。

本学部は、「幅広い教養と人間性を養い、看護職として必要とされる基本的な知識・技能・態度に基づいた看護実践能力を修得するとともに、将来にわたり看護の向上に資するための能力を養い、人々の健康の保持増進に寄与することのできる人材を養成する。」ことを目的としています。地域住民の健康生活の実現に向けて、今後ますます必要とされる看護を私たちと一緒に学び、有意義でやりがいのあるキャリアを探究してください。

 

取得できる資格

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格(定員20名/選択制)

学部・大学院