医療創生大学

学部・大学院

教育システム・特色

~学びのグルーピング~ 「こころ」と「からだ」を両面からケアする実践力を身につける

一人ひとりに最適な看護を行うには、病気だけを注視するのではなく、患者さんの発達段階や生活環境も適切に把握する力が必要です。本学部では、人間のライフサイクル上の連続性を踏まえたうえで、各領域との関連性を意識しながら学修するカリキュラムを展開しています。今後より重要視される「こころ」と「からだ」を両面からケアする実践力を身につけます。
 

Point.1 看護実践基盤学

「こころ」と「からだ」を切り離すことなく学び、患者さんの生活環境や、生まれてから老年に至るまでのライフサイクル上の連続性を常に意識した看護活動ができるよう、基礎をしっかりと身につけます。

 

Point.2 生涯発達看護学

ライフサイクルの観点から、人間の発達段階各期の特徴と、それにともなう健康特性や健康課題について理解を深めます。また、発達段階各期に適した健康支援の必要性について学びます。
 

Point.3 健康生活看護学

人間の発達段階において起こる健康障害のメカニズムや特徴について学びます。また、科学的思考に基づいて看護課題を把握する方法や解決に関する理論・援助技術を修得していきます。
 

Point.4 地域養生看護学

居宅あるいは療養施設など、生活する場所に応じた看護課題の把握方法を学びます。また、課題解決のための支援や地域コミュニティ、行政組織との関わりについても理解を深めていきます。

学部・大学院