医療創生大学

学部・大学院

心理学部の特色

現代社会における多様なニーズに応え心理学の観点からアプローチする
「こころの専門家」を養成。

学校や職場、家庭のストレスによる心の病気の増加や高齢化、自然災害等を背景に、さまざまな領域で心の問題への対応が求められるようになりました。このような社会的ニーズを受けて心理学領域で初めての国家資格である公認心理師が誕生しました。

本学部では基礎心理学と臨床心理学をバランスよく学ぶことで、現代社会における多様なニーズに応え、地域社会や職場、家庭におけるさまざまな問題に心理学の観点からアプローチできる「こころの専門家」を養成します。

国家資格「公認心理師」対応カリキュラム

公認心理師の受験資格を得るためには、指定科目を履修して大学を卒業後、大学院に進学して指定科目の単位を修得する必要があります。本学部は公認心理師対応カリキュラムを組み、資格取得を目指す学生に対し、大学院進学につながる支援を行います。

客観的な思考力・判断力を養成

調査・実験、グループワークやロールプレイなどの体験・実践を重視。充実した施設・設備を活用して能動的な演習・実習を繰り返し、臨床現場や社会で通用する客観的な思考力・判断力を養います。

将来設計のサポート

心理学の専門分野はもちろん、社会人基礎力も段階的に身につけられるように科目が構成されています。本学部での学修を通して、「こころの専門家」として社会でどのように活躍するか、学生一人ひとりが理解・思考を深め、将来設計を行えるようにサポートします。

基礎から応用まで段階的に学ぶ4年間

1年次

「フレッシャーズセミナー」等の初年次教育科目を通して、“大学での学び”からスタート。同時に、心理学の基礎科目を通じて、心理学の世界へも触れます。

2年次

基礎領域から応用領域までの心理学の幅広い知見を学修。また、「心理学実験」等の実験や演習科目を通して、心理学の研究方法も学び、科学的な見方や思考法を修得します。

3年次

自らの興味・関心に基づいてゼミを選択。文献講読等を通して、より専門性の高い心理学を追究。同時に、キャリア教育を通して、自らの進路・職業選択についても考えます。

4年次

4年間の学びの集大成として、自らが選んだテーマについて「卒業研究」を実施。また、公認心理師の国家試験受験資格の取得希望者は、「心理実習」を通して、臨床の現場を体感します。

カリキュラム

心理学部の主な講義内容

知覚・認知心理学

心の働きに焦点を当て、「見る、聞く、触る」「分かる、理解する」「覚える、思い出す」「考える」「選ぶ、決める」等といった仕組みについて理解し
ていきます。これらの心の働きは、私たちの日常生活に欠かせないものばかりですが、普段は注意を向けることが少ないかもしれません。心理学の実験を実際に体験したり、これらの働きに問題を抱えるさまざまな障害をとりあげながら、最新の心理学の知見を紹介していきます。

心理的アセスメント1・2

人の心を知るための、「心理検査」「面接」「観察」等の方法を学びます。心理検査の実施、言語的な情報、言語以外の視線や声色、行動等の非言語的な情報を扱う方法について学びます。さらにそこに関わる「自分」も相手の行動に影響するため、査定する自分についても理解していきます。臨床心理学という視点から人間を見つめ、アセスメントすることで、専門的な人間理解が深まるでしょう。

心理演習

カウンセリングの知識や技能を実践的に学びます。例えば、ロールプレイングでクライエント役と対してみると、それまで気づかなかった自分
のコミュニケーションの癖が見えてきたり、カウンセラーとして、相手の話を聞きながら理解し、必要なリアクションをしていくことの難しさも
分かるでしょう。またクライエント役を体験することで、「うけとめられる」ことの意味も分かるでしょう。教科書では分からないカウンセリングの実際
を模擬的に経験し、その技能を高めることを目標にします。
心理学では様々なツールを使用して、実験や観察を行います。
 
ポリグラフ実験の授業風景

ポリグラフ実験

ポリグラフを用いて脈拍や呼吸等を測定することで、実際にうそをついたときに現れる微妙な生理的な変化を確認することができます。実験室には外部からの電波等を遮断できるシールドルームも設置しています。
 
アイカメラ実験の授業風景

アイカメラ実験

アイカメラ(視線計測装置)は、視線の動きを測定することができる装置です。買い物をしているときや車の運転中の視線を知ることで、商品や道路標識のより効果的な配置を研究することができます。
 
行動観察ビデオシステムの授業風景

行動観察ビデオシステム

心は直接目に見えません。そこで、心の現れとしての行動を観察・記録することが、重要な研究方法の一つとなります。
特に、まだ言葉によって気持ちを伝えることができない、乳幼児の心を研究するには、行動観察が欠かせません。直接目で見て、メモなどの記録を取ることも大切ですが、それに加え、他のメディアに記録しておくことで、後になって、改めて行動について確認することが可能になります。
心理実習室には、行動観察ビデオシステムが備えられていて、音声付きの動画で行動を記録することが可能です。パズルなどの課題に一人で取り組む場合と集団で取り組む場合での行動の違いや、課題を完成させるために行われる親子のやり取りが、子の年齢によって変化するのか等を研究する際に使用します。

卒業後の進路

「公認心理師」「臨床心理士」の資格取得を目指す大学院進学と、公務員や一般企業等への就職の2つに分かれます。心理学を学ぶことで、さまざまな心の問題に対応できるだけではなく、データを客観的に分析し、相手に分かりやすく伝える技術を身につけることもできるので、分野を問わず幅広い業種で活躍することができます。
進学
大学院
心理専門職として活躍するために、大学院で2年間学び、公認心理士の受験資格を取得
 
就職
福祉分野
  • 児童福祉施設
  • 障害児・障害者福祉施設
  • 高齢者福祉施設
  • 保健センター 等
ビジネス分野
  • 金融機関
  • 商社
  • メーカー
  • サービス業 等

※企業内の人事、教育、研修、マーケティング、広告、営業等で活躍

 

学部・大学院