医療創生大学

入試

    • アドミッションポリシーとは何のことですか。

      入学者受け入れの方針です。「この能力を身につけている人に入学して欲しいですよ」というポリシーのことです。本学のアドミッションポリシーは、下記のアドレスからご覧ください。

    • 【総合型選抜入試/学校推薦型選抜入試】総合型選抜入試と学校推薦型選抜入試のどちらを受験すればいいか迷っているので、アドバイスをいただきたいです。

      【総合型選抜入試について】
      総合型選抜入試は、学力だけでは測れない「学びへの意欲」や問題解決に必要な「多様な能力」を多面的かつ総合的に評価する入試です。学力のみならず人物面やその人が有する能力を総合的に評価し、本学で学ぶうえでふさわしい人物かどうかを見極めます。4つの方式があり、評価のポイントは下記のとおりです。なお、学びへの意欲等を確認するために、すべての方式において面接(1回)も行います。
       
      「面接プレゼン型方式」:論理的思考力や口頭発表力など
      「高大接続型方式」:思考力や表現力、意欲、態度など
      「スポーツ実績型方式」:学業以外の豊富な経験から得た多様な能力
       
       
      【学校推薦型選抜入試について】
      本学が設定した条件をクリアし、かつ出身学校長の推薦があれば出願できる入試です。高校生活において学業や特別活動(スポーツ・文化・生徒会活動など)で一定の成果を挙げられた方は、ぜひ高校の担任の先生や進路の先生に相談してみてください。高校からの推薦=“お墨付き”をもらった、ということがアドバンテージになります。
       
      ■結論
      どの入試方式を受験したらよいかについては、本学に対する志望度にもよります。もし第一志望ならば、総合型選抜入試(11月初旬)にチャレンジいただくことをおすすめします。11月下旬に学校推薦型選抜入試が控えているため、総合型選抜入試に万が一不合格となった場合でも、学校推薦型選抜入試で巻き返すチャンスがあるからです。もちろん、はじめから学校推薦型選抜入試に絞って受験いただいても問題ありません。

    • 【総合型選抜入試/学校推薦型選抜入試】「面接」ではどんなことを聞かれますか?

      わたしたちが求めているのは、「将来の目標にむかって意欲的に学習できる生徒」です。そうした人物像かどうかを見極めるために、本学への志望動機、高校での学習・課外活動、大学生活での展望、卒業後の進路などさまざまな質問をしています。「何を聞かれるか?」を分析して対策を立てることも間違いではないですが、「いかに意欲的に努力できるか」をアピールできるかがポイントになるでしょう。将来的にどんなビジョンを描いているのか?それを実現するためにどんな大学生活を送りたいと考えているのか?進学先に医療創生大学を選んだ理由はなぜか?…これらを自分なりに整理し、熱意をもって説明できることが重要になります。

    • 【総合型選抜入試/学校推薦型選抜入試】総合型選抜入試で看護学部の受験を考えています。口頭試問の「生物基礎」「化学基礎」「物理基礎」は3科目とも受験するのですか?

      「生物基礎」「化学基礎」「物理基礎」の中から、1つ選択してもらいます。口頭試問は、面接時間中に、質問の一つとして行われるものです。口頭試問をスタートする際に、「3つの科目のうちどれを選択しますか?」と質問しますので、ご希望の科目をお選びください。選択された科目について、口頭試問を実施します。

    • 【総合型選抜入試/学校推薦型選抜入試】口頭試問のレベルはどのくらいですか?

      口頭試問は、各科目における基礎的なレベルとお考えください。ご自身の選択する科目の教科書に掲載している内容を十分に理解して試験に臨んでください。
      なお、出題科目については、入学試験要項に記載しております。令和4年度の入学試験要項が公表されるまでは、昨年度の入学試験要項をご参考としてください。

    • 【総合型選抜入試/学校推薦型選抜入試】総合型選抜入試で受験した後、学校推薦型選抜入試で受験することは可能ですか?

      総合型選抜入試で受験し、不合格となった場合、学校推薦型選抜入試で受験することは可能です。
      なお、学校推薦型選抜入試は、所属する学校の校長先生の推薦が必要になります。総合型選抜入試の合格発表は11月16日、学校推薦型選抜入試の出願期間は11月19日までとなっており、総合型選抜入試の合格発表日から、学校推薦型選抜入試の出願期間終了期日までの期間が非常に短いですので、事前に担任の先生にご相談しておくとよいと思います。

    • 【総合型選抜入試】総合型選抜入試について質問です。評定平均値は最低でもどのくらい必要ですか?また、どのくらい反映されますか?

      本学では、総合型選別入試において必要な評定平均値は設定しておりません。出願資格を満たしていれば、出願が可能です。また、調査書は、評定平均値のみを評価するのではなく、総合的に評価しております。
      なお、評定平均値は、普段の学習の積み重ねで結果が得られるものだと考えております。評定平均値が高いということは、普段からしっかり学習をしていることの証明です。日々、授業の予習・復習をきちんと行い、授業の内容を理解して、学期末や学年末の試験で良い結果が得られるよう頑張ってください。

    • 【総合型選抜入試】総合選抜型入試のスポーツ実績型方式での受験を考えています。主将等の役職についていないとダメでしょうか。

      必ずしも主将等である必要はありません。また、スポーツ競技大会等参加大会の条件は特に定めません。また、新型コロナウイルスの影響により大会が開催されなかった場合は、その旨を「スポーツ実績記入表」の「特記事項」欄に記載してください。

    • 【学校推薦型選抜入試(指定校推薦方式)】指定校推薦方式で受験できるかどうかは、どのように確認すれば良いでしょうか。

      ご自身の学校が指定校の対象かどうかは、所属している学校の担任の先生、もしくは進路の先生へご確認ください。
      なお、例年、6月下旬から7月上旬にかけて、指定校推薦方式の対象となる学校の校長先生へ、指定校推薦方式の対象者選出依頼と、指定校として受験するための基準(評定平均値)を連絡しておりますので、その時期になってから先生へお問い合わせすると良いと思います。

    • 【学校推薦型選抜入試】指定校推薦方式の願書が欲しいのですが、どうすればいいでしょうか?

      大学から受験生への直接配付はしておりません。指定校推薦方式の願書は進路指導の先生にお渡ししているため、進路指導の先生か担任の先生に相談するようにしてください。

    • 【学校推薦型選抜入試】一般公募推薦方式の「面接2回」とはどのような形で行われるのですか?

      【面接2回の流れ】
      ▽面接室に入ったら、まず1人目の面接官と面接をする(10分)
      ▽終了後、すぐ隣のブースに移動し、2人目の面接官と面接をする(10分)
      ▽退室、終了

      ※面接官1人目と面接官2人目の面接内容(質問)は異なります。

    • 【学校推薦型選抜入試(一般公募推薦方式)】公募推薦の過去の小論文のテーマを教えてください。

      過去のテーマは、非公表とさせていただいております。
      なお、小論文に向けて、一般的な小論文の対策(「単語をテーマにするもの」「長文読解やグラフ・図表が示されているもの」等に対して練習)を行っていただくと良いと思います。文章を読むこと、書くことに慣れておくことが大事です。また、解答文字数はきちんと守ること、文章の構成、表現力なども重要視しておりますので、ご準備のうえ、試験に臨んでください。

    • 【学校推薦型選抜入試】指定校推薦方式で受験する予定です。出願期間前に検定料を振り込むことはできますか。

      公平性・公正性の観点から、いかなる理由があっても指定する期間外には受け付けておりません。入学試験要項に記載されている指定の期間中に、振り込んでください。

    • 【学び・活動記録】学び・活動記録について具体的に教えてください。

      グローバル化の進展やAIをはじめとする技術革新に伴い、社会構造が急速に変化している昨今。予見の困難な時代が訪れつつあるなか、社会が求めているのは「自ら課題を見出し、周囲と協力して解決する力を有する人材」です。社会で活躍する人材を養成する大学においても、①知識・技能 ②思考力・判断力・表現力等 ③主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度、これら3要素を把握して合否判定を行う入試になっております。この3要素を把握するための資料となるのが「学び・活動記録」です。
       
      受験生のみなさんには「探求活動」「生徒会・委員会」「留学・海外経験」「資格・検定」「表彰・顕彰」「部活動」「学校行事」「学校以外の活動」の8つのカテゴリから自らの学びや活動について、各学年でアピールしたい内容について1つ選び、大学指定の様式に従って記載いただくことになります。提出された活動記録票をもとに、①知識・技能、②思考力・判断力・表現力等、③主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度の3要素を点数化し、合否の判断の材料にしています。

    • 【学び・活動記録】部活動について記載しようと考えていたのですが、新型コロナウイルス感染予防対策の影響により、最後の大会が中止となってしまいました。このような場合、どのように記載すればいいでしょうか?

      新型コロナウイルス感染予防対策の影響により、各種大会や学校行事、課題研究等が中止になってしまった場合があるかと思います。その場合には、活動を予定・計画していた内容とともに、その活動に取り組むうえで設定した目標と活動に至るまでのプロセス(努力したことや準備したこと)を記入するようにしてください。

    • 【一般入試/大学入学共通テスト利用入試】2021年度看護学部の一般入試と大学入学共通テスト利用入試合格者の方の平均点数と最低点数を教えてください。

      大変申し訳ないことですが、合格者の平均点と最低点数は非公表とさせていただいております。
      ご参考として、2021年度の入試結果についてお知らせします。
      2021年度一般入試(前期・後期計)における看護学部の志願者は65人、そのうち合格者は50人でした。
      また、大学入学共通テスト利用入試(前期・後期計)では、49人の志願者のうち合格者は41人となっております。

    • 【一般入試/大学入学共通テスト利用入試】英語外部試験を利用するのですが、入試当日の英語も受験することは可能ですか。

      可能です。なお、一般入試、大学入学共通テスト利用入試における「英語」の試験結果が、英語外部試験を換算した点数より高得点だった場合は、高得点の方を採用しますので積極的に受験してください。

    • 【一般入試/大学入学共通テスト利用入試】第二志望制度はありますか。

      健康医療科学部の、一般入試、及び大学入学共通テスト利用入試において、学部内で第二志望制度を設けております。第二志望制度を利用する場合は、出願の際にWeb入学志願票の第二志望希望欄にチェックを入れてください。

    • 【一般入試】試験はマークシート方式ですか?

      はい。全科目マークシート方式です。

    • 【大学入学共通テスト利用入試】大学入学共通テスト利用入試の科目「国語」には、古文・漢文を含みますか。

      はい。古文・漢文を含みます。

    • 【総合型選抜入試】総合選抜型入試のスポーツ実績型方式での受験を考えています。「学び・活動記録」の提出は必要ですか。

      不要です。スポーツ実績型方式に出願される方は「Web入学志願票」、「調査書」のほかに「スポーツ実績記入票」をご提出ください。

    • 総合選抜型入試(スポーツ実績型方式)での受験を考えています。 大会成績は、上位の成績をおさめていないとダメでしょうか? 成績・順位に条件はありますか?

      スポーツ実績型方式において、参加大会、成績の条件は特に定めておりません。
      したがって、上位の成績をおさめていなければいけないということはありません。さらには、成績や順位にも条件はありませんのでご安心ください。
      本学では、スポーツを通してどのようなことを学んだのか、どのような努力をしたのかなどを、「スポーツ実績記入票(本学指定の様式。総合型選抜の入学試験要項に入っているものです)」により確認しております。
      そのため、「スポーツ実績記入票」には、大会や順位・成績をこまかく記載していただくとともに、大会や成績に自信がない場合には、特記事項欄に、スポーツを通してどのようなことを学んだのか、どのような役割を担っていたのか、それらを入学後にどのようにいかしたいと考えているかを記載していただくと良いです。