医療創生大学

大学案内

教育方針(3つのポリシー)

医療創生大学の教育理念・目的

科学的根拠(サイエンス)に基づいた術(アート)を備えた慈愛(ハート)のある医療人の創生

医療創生大学の教育方針

医療創生大学は、「科学的根拠(サイエンス)に基づいた術(アート)を備えた慈愛(ハート)のある医療人の創生」という教育理念(目標)に基づいて教育研究活動を行い、社会に有為な保健医療人材の養成を目指しています。
教育理念(目標)の実現に向けて、本学で何をどのように学び、卒業時・修了時に、何を身につけたか、何ができるようになったかという観点から、本学の特色を踏まえたディプロマポリシー(学位授与方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)を策定しています。

3つのポリシー策定の基本方針

  1. ディプロマポリシーでは、学位を授与する要件として学生が身につけているべき資質・能力の目標を示します。カリキュラムポリシーでは、学生が資質・能力を身につけるために、どのような教育課程を編成し、どのような教育内容・方法を実施し、どのように評価するのかを示します。アドミッションポリシーでは、求める学生像、入学に際し求められる学修成果などを示します。
  2. 3つのポリシー間の一体性、整合性に留意して、具体的で分かりやすい表現で本学の教育の特色と内容を伝えます。
  3. 3つのポリシーを教育の質保証、教育改善の点検・評価のPDCAサイクルの起点とします。
  4. 定期的な点検・評価と見直しを行い、より良いものへと充実させていきます。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

医療創生大学(以下本学)は、教育理念に基づいて、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学位を授与します。

  1. 幅広い教養と専門分野についての十分な知識を身につけ、それらを活用して保健医療人としての基本的な問題を解決することができる。
  2. 多様な考えやニーズを理解し、他者と円滑なコミュニケーションをとることができる。
  3. 広い視野と判断力を身につけ、困難な課題や予測不能な事態にも適切に対処することができる。
  4. 社会に貢献できる保健医療人としてふさわしい関心・意欲・態度を示すことができる。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学では、教育理念を達成するために、以下のような方針に基づいて教育課程を編成・実施します。

  1. 大学での学修の意義を理解し、大学生としての学修に必要な基礎的能力や生活習慣を身につけることができるよう、初年次教育科目を配置します。
  2. 幅広く多様な基礎的知識と基本的な学修能力を獲得するための全学共通カリキュラムとして、基礎科目、教養科目、健康・スポーツ科目の3つの科目群を設置します。
  3. 各学部学科に専門教育科目を設置し、専門的な知識・技術や方法論を段階的・体系的に教授します。
  4. 社会との連携のもと、課題解決型の授業を展開して、知識・技術の活用能力、コミュニケーション能力、課題探求力、判断力など、社会生活で必須となる能力を総合的に養います。
  5. キャリア教育を行い、社会人としてのキャリアを積むために必要な知識と考え方を身につけるとともに、働くことを通して社会に貢献する意欲を育みます。
  6. 身につけた知識や技術を統合し集大成するために、卒業研究を全学必修とし、丁寧な個別指導を行います。
 

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

本学は、教育理念を理解するとともに、学ぶ意欲に溢れ、大学での専門教育を受けるうえでの基礎的な能力を身につけている人の入学を希望します。

 

 

各学部、学科の3つのポリシー

 本学の教育理念に則り、以下の各学部、学科において、その教育目標を達成するために、3つのポリシー(ディプロマポリシー、カリキュラムポリシー、アドミッションポリシー)に沿った教育活動を実践します。